論理関数

画像で簡単STEP解説!OR関数の使い方

akitoyo

記事はじめ

アシスタント「ai」
アシスタント「ai」

指定された複数の条件のうち、少なくとも1つが真(TRUE)であるかどうかを判定するための関数です。OR関数は、条件のいずれかが満たされる場合にTRUEを返し、すべての条件が満たされない場合にFALSEを返します。

OR関数の基本

OR関数の構文

OR関数の基本的な構文は以下の通りです。

=OR(条件1, 条件2, …)

  • 条件1: 判定する最初の条件。
  • 条件2: 判定する2番目の条件。
  • : 判定する追加の条件(任意)。

基本的なOR関数の使用

目的: 商品の貸出状況など、複数の条件のうちいずれかに合致するかどうかを自動で判定し、データの絞り込みや分析に活用します。

OR関数とは? 複数の論理式のうち、1つでもTRUEがあればTRUEを返す論理関数です。

判定結果を表示したいセル(例:D2)を選択: D2セルに判定結果を表示させたいとします。
「数式」タブから関数を選択: 「数式」タブをクリックし、「論理」カテゴリから「OR」関数を選択し、「OK」をクリックします。
「関数の引数」ダイアログボックスが表示されるので、以下の引数を入力します。
  • 論理式1: 1つ目の条件式を入力します。ここでは「B2=$G$2」(B2セルがG2セルと等しい)と入力します。
  • 論理式2: 2つ目の条件式を入力します。ここでは「B2=$G$3」(B2セルがG3セルと等しい)と入力します。
  • 論理式3以降: 必要に応じて、さらに条件式を追加できます。ここでは省略します。
「OK」をクリックして、OR関数の入力を確定します。D2セルに、B2セルがG2セルまたはG3セルのいずれかと一致する場合は「TRUE」、一致しない場合は「FALSE」と表示されます。
D2セルの右下隅をダブルクリックするか、下にドラッグすることで、他のセルにも同様の計算を適用できます。

ポイント

  • OR関数は、複数の条件のうち、1つでもTRUEであればTRUEを返します。
  • 条件式には、セル参照だけでなく、直接数値や文字列を入力することも可能です。異なる列のセルを参照することで、複数の項目での条件判定も可能です。
  • 今回の例では、G2セルとG3セルにあらかじめ判定したい条件(「レンタル」と「貸与」)を入力しておき、それらとB列の値を比較しています。
  • OR関数の代わりにAND関数を使用すると、すべての条件に合致する場合のみTRUEを返すようになります。

まとめ

アシスタント「ai」
アシスタント「ai」

OR関数を使いこなすことで、複雑な条件付き計算を簡単に行うことができ、データ分析やレポート作成が効率化されます。ぜひ試してみて、Excelでのデータ操作をさらに便利にしてくださいね!

X(旧Twitter)からの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!

記事おわり

ABOUT ME
YAMADA AKITOYO
YAMADA AKITOYO
経営企画・テンプレ制作アドバイザー
僕は、Excelの関数と読書で得た知識を使って、戦略的なテンプレートを制作し、そのプロセスをブログでシェアしています。これにより、ビジネスの効率を大幅に向上させる方法などを提供しています。

僕はこれまで通信業界で約20年キャリアを積み、Excelの技術を向上させるために日検の情報処理技能検定試験(表計算)で初段と1級を同時合格という実績があります。技術者としても無事故でプロジェクトを完工し、大手企業で表彰され、その実績を買われ管理者として年間1440時間の作業時間を節約するツールも開発しました。

さらに、300冊以上のビジネス書を読み、サーバントリーダーシップで問題解決をすべくビジネスパートナーを探しています。将来は、次世代のために新しい雇用を創り、たくさんの人の強みを活かせる社会を目指しています。

関連記事下

記事URLをコピーしました