文字列関数

画像で簡単STEP解説!COUNTA関数の使い方

akitoyo

記事はじめ

アシスタント「ai」
アシスタント「ai」

データの数を数えるためにCOUNTA関数を使う方法をご紹介します。この関数、とても便利なんです。指定した範囲内の空白でないセルの個数をカウントしてくれます。数値、テキスト、エラー値、論理値(TRUEやFALSE)など、さまざまなデータタイプをカウントできるんですよ。以下で、COUNTA関数の使い方について詳しく見ていきましょう。

COUNTA関数の基本

COUNTA関数の構文

COUNTA関数の基本的な構文は以下の通りです。

=COUNTA(範囲1, [範囲2], …)

  • 範囲1: カウントするセル範囲を指定します。
  • 範囲2(省略可能): 追加のセル範囲を指定します。

基本的なCOUNTA関数の使用

目的: 商品のリストなど、指定した範囲内にいくつの商品が登録されているかなどを把握するために、空白ではないセルの個数を自動でカウントします。

COUNTA関数とは? 指定した範囲内で、空白ではないセルの個数を返す関数です。数値、文字列、エラー値など、空白以外の値が入力されているセルをカウントします。

取り出した文字列を表示したいセル(例:B12)を選択: B12セルに取り出した文字列を表示させたいとします。
「数式」タブから関数を選択: 「数式」タブをクリックし、「その他の関数」をクリックして「統計」カテゴリから「COUNTA」関数を選択し、「OK」をクリックします。
「関数の引数」ダイアログボックスが表示されるので、以下の引数を入力します。
  • 値1: 個数を数えたい範囲をドラッグして選択します。ここではA2:A11とB2:B11を選択します。
  • 値2以降: 必要に応じて、さらに個数を数えたいセル範囲を追加できます。ここでは省略します。
「OK」をクリックして、COUNTA関数の入力を確定します。結果確認:B12セルに、A2:A11とB2:B11の範囲内で空白ではないセルの個数が表示されます。

ポイント

  • COUNTA関数は、空白以外の値が入力されているセルをカウントします。
  • 数値、文字列、エラー値、論理値など、空白以外の値はすべてカウント対象となります。
  • 複数のセル範囲を指定する場合は、カンマで区切ります。
  • 空白に見えるセルでも、スペースや改行などが入力されている場合は、COUNTA関数ではカウントされます。

まとめ

アシスタント「ai」
アシスタント「ai」

COUNTA関数は、空白でないセルの個数を簡単に数えることができる非常に強力なツールです。数値、テキスト、論理値、エラー値など、どんなデータタイプでもカウントできるので、日常のデータ管理や分析に役立つこと間違いなしです。ぜひ、試してみてくださいね。

X(旧Twitter)からの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!

記事おわり

ABOUT ME
YAMADA AKITOYO
YAMADA AKITOYO
経営企画・テンプレ制作アドバイザー
僕は、Excelの関数と読書で得た知識を使って、戦略的なテンプレートを制作し、そのプロセスをブログでシェアしています。これにより、ビジネスの効率を大幅に向上させる方法などを提供しています。

僕はこれまで通信業界で約20年キャリアを積み、Excelの技術を向上させるために日検の情報処理技能検定試験(表計算)で初段と1級を同時合格という実績があります。技術者としても無事故でプロジェクトを完工し、大手企業で表彰され、その実績を買われ管理者として年間1440時間の作業時間を節約するツールも開発しました。

さらに、300冊以上のビジネス書を読み、サーバントリーダーシップで問題解決をすべくビジネスパートナーを探しています。将来は、次世代のために新しい雇用を創り、たくさんの人の強みを活かせる社会を目指しています。

関連記事下

記事URLをコピーしました